古銭買取り

レア!旭日竜20銭銀貨 明治4年欠銭

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治4年の旭日竜20銭です。表面の二十銭の「銭」の字の最後の「ノ」の部分が途中で消えています。
旭日竜は50銭銀貨も20銭銀貨も明治3年と明治4年しか発行されておらず元々枚数が少ないです。
ちょうど江戸幕府時代の一分銀などから量目416グレーン(銀900)の一円銀貨が発行されたあたり、50銭銀貨や20銭銀貨は補助通貨として制定された。補助通貨は当初、海外流出をさせないように銀の品位を800に下げて通用限度額は1回の取引につき最高額で十円とされた。5銭銀貨などはすごく小さいため竜の図がうまく刻印できず竜の図が不明瞭になり、竜の図が明瞭なものは枚数が少なくプレミアがついており高価買取です。20銭銀貨も明治3年の物は竜の図が不明瞭なものが多く、明瞭なものは高価買取となります。
その後、イギリスから硬貨を作る機械を購入し作成してからは、竜の図が不明瞭なものがなくなった。
今回の明治4年の旭日竜20銭銀貨の「銭」の字が欠銭になっているのも硬貨を作成する技術がまだ未熟だったため、このようなエラーコインが出来たと思われる。(昔の貨幣や、紙幣は結構ずれているものがあり、現行の紙幣や硬貨ほど高値で取引されていない。現行の物は、技術も高く、検査も厳しいのでエラーコインやエラー紙幣が流通する可能性が低くオークションとかでも100万円近い価格で取引されている。)
今回の明治4年旭日竜20銭銀貨は、程度もそこそこ良かったので高価買取です。貨幣カタログでの評価額は美品レベルで2万円です。
尾道市御調町からお越しいただきました。
旭日竜20銭銀貨以外でも一円銀貨(円銀)、貿易銀、5円金貨、10円金貨などは高価買取です。また、手替わり品(エラー)の古銭旭日竜5銭の明瞭ウロコなども高価買取です。銀貨以外でも年代によっては発行枚数が少ない物「稲5銭白銅貨の明治36年」などは高価買取になります。また、大変レアなもので、八咫烏50銭銀貨や八咫烏10銭銀貨などは高価買取です。
※大正7年8年の日銀に引き渡されたが、銀価格高騰の為、回収され流通されていない。(存在はする)

他にも現行の記念硬貨10万円金貨や5万円金貨、1万円金貨などは高価買取です。
また、外国の銀貨、袁世凱なども高価買取です。

買取まねきねこや福山西店
住 所  広島県福山市高西町3丁目2-31
TEL 084-934-3919
大きな地図で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加