古銭買取り

1円銀貨(大型)明治15年買取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治15年(1882年)発行の1円銀貨(円銀)です。チョップマーク(荘印)があります。1円銀貨は、主に外国との貿易の決済手段として使用されていた。中国の両替商には受け取った1円銀貨に自社の極印(荘印)を打つ習慣があり、荘印が打たれた1円銀貨、貿易銀が多く存在している。このような極印のある1円銀貨、貿易銀は収集品としての評価は下がる。また、この極印(荘印)を埋めて修正した修正品は、さらに評価が下がる。

1円銀貨には丸銀打とされる「銀を〇で囲んだ」荘印のあるものもある。これは、1円銀貨は従来「貿易専用貨幣」として製造発行された。明治11年から国内でも流通できるようになったが、明治30年に日本政府は金本位制度を公布する貨幣法の制定に際し、1円銀貨の通用停止と引換禁止を決めた。ところが、日清戦争以来、台湾や朝鮮では、1円銀貨が盛んに流通していて、すぐに通用禁止とすることが出来ず、当分の間、丸銀の極印を打って、外地でのみ通用を認めることとした。しかし、実施してみると、丸銀の極印の有る無しで、通用するしないといった市場の混乱が起こったため、明治30年10月に発効した丸銀極印打ちは、明治31年3月にとりやめとなった。丸銀の極印のある1円銀貨は、チョップマークのある1円銀貨のように評価は下がらないので高価買取です。

1円銀貨(円銀)は明治3年(1870年)に発行されたものは旧1円銀貨で新1円銀貨と図案が異なる。新1円銀貨も明治7年(1874年)~明治20年(1887年)までが1円銀貨の直径が38.6mmと少し大きい。明治20年(1887年)~大正3年(1914年)までは、新1円銀貨の小型となり1円銀貨の直径が38.1mmと少し小さい。ただ、重さはともに26.96gになっている。

今回の明治15年の1円銀貨は、チョップマークが入っているが状態が良かったので高価買取です。

尾道市向島町からお越しいただきました。

また、1円銀貨以外にも旭日竜50銭銀貨や貿易銀などの銀貨も高価買取中です。日本の銀貨以外でも中国の袁世凱、孫文1円銀貨、大清銀幣1円銀貨なども高価買取です。西洋の銀貨ジョージⅠ世クラウン銀貨やアンティーク金貨も高価買取中です。

これどうかな?と思われたら一度お持ちください。無料査定いたします。また、LINEでの査定も行っております。

買取まねきねこや福山西店
住 所  広島県福山市高西町3丁目2-31
TEL 084-934-3919

LINE無料査定・お問合せ
大きな地図で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加