古銭買取り

明治通宝20銭買取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明治通宝の20銭札です。折れ曲がりもなく、シミ、汚れ、穴もない極美品レベルですので高価買取です。

広島県三原市からお越しいただきました。

明治通宝は、明治政府が貨幣制度の改革と廃藩置県の実質的な効果を狙って、新紙幣を発行することにした新紙幣です。明治新政府は1億5千万枚の紙幣の印刷を、当時の先進国ドイツの商社に発注しました。日本に輸入されたのち、出納頭の割り印、押印、表面に明治通宝の文字(当初、手書きで書かれていたが、すぐに木版に切り替えられた)を入れて、発行されました。

明治通宝は、額面100円、50円10円5円、2円、1円、半円、20銭、10銭の9種類あり、明治通宝100円と明治通宝50円のものは明治5年8月に発行され図案は「鳳凰に竜」でこの2種類は非常に珍しく状態が並品のものでも価格がつけれないほどの高額になります。

 今回お買取りの古銭札の明治通宝20銭は、明治5年2月15日(使用開始明治5年4月)に発行され、明治32年12月31日(1899年)に廃止された。明治通宝20銭の評価額は完全未使用品で6万円。未使用で4万5千円。美品で1万5千円、並品で8千円の評価額となっております。

 評価額と買い取り額は別物で、評価額とは日本貨幣商共組合加盟店による販売実績、オークション結果などの実績価格にかかわる概括的な情報をもとに最高・最低価格等の価格分布を記載していますが、実際には記載されたものとは異なる価格で売買されることがある非常にあいまいな価格です。大体の目安として考えております。評価額が2000円以下だとエラー銭でない限りは、買取価格がほとんど付けれないぐらいのもので、そういったものは、「まとめていくら」として買取価格をつけさせています。

 古紙幣の明治通宝だけでなく、江戸時代に各藩で使用されていた藩札や明治時代の新国立銀行券5円(かじや5円)、新国立銀行券1円(水兵1円)、改造紙幣10円、5円、1円(神功皇后10円、5円、1円)や小額紙幣の改造紙幣50銭、20銭(大蔵卿50銭、20銭、)や大黒100円、10円5円1円、めがね100円などは高価買取です。もちろん昭和時代に発行された藤原200円や不換紙幣100円(2次100円)なども買取りしております。状態が良ければ高価買取商品です。

これどうかな?と思われたら一度お持ちください。無料査定いたします。また、LINEでの査定も行っております。

買取まねきねこや福山西店
住 所  広島県福山市高西町3丁目2-31
TEL 084-934-3919

LINE無料査定・お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加