古銭買取り

兌換券100円(1次100円)証紙付買取り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昭和5年発行の兌換券100円(1次100円)の証紙付です。兌換券とは金貨または銀貨と交換できる券。現在の日本円は、管理通貨制度で現行紙幣は、日本銀行券となり兌換券ではない。貨幣の価値は中央銀行(日銀)の政策によって裏付けされる。

 証紙がなぜ貼りついているのか?というと昭和21年2月16日に敗戦によるインフレ対策で預金封鎖を行い、新紙幣(新円)への切り替えが発動された。その時、新紙幣(新円)の供給不足を補うため、旧券の右上に貼付して臨時的に使用されたという経緯がある。当時の1000円札(兌換券甲号1000円、日本武尊1000円)、200円札(改正兌換券200円、藤原200円)、100円札(兌換券100円(1次100円)、不換紙幣100円(2次100円)、兌換券10円(1次10円)、不換紙幣10円(2次10円)に貼付された。1000円札や200円札などの高額紙幣に証紙が貼付されているものは極めて珍しく高額買取りとなる。

 今回、お買取りをした兌換券100円(1次100円)の証紙付はそこそこ枚数が出回っているもので、そこまで高額買取りとはなりませんでしたが、状態がよかったので高価買取となりました。

 ご自宅に眠っている古紙幣、寛永通宝、天保通宝などの江戸時代の古銭、明治時代、大正時代、昭和時代の金貨、銀貨などの古銭、コインなどございましたら一度お持ちください。査定は無料です。

希少価値のあるものやエラー札、エラー銭などは、もしかすると、高額査定が出るかもしれません。

また、東京オリンピックの1000円銀貨など比較的新しい記念銀貨なども買取中です。

また、LINEやメールでの簡易査定も行っております。是非、ご活用ください。

買取まねきねこや福山西店
住 所  広島県福山市高西町3丁目2-31
TEL 084-934-3919

LINE無料査定・お問合せ

大きな地図で見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加